ビジネス界におけるプロ契約のマッチングサービス『キャリーミー』が、サービスローンチ5周年を迎え、ブランドロゴとメッセージを一新

ビジネス界における「プロ契約」を推進し、プロ人材マッチングサービスを手掛けるCARRY ME(運営会社:株式会社Piece to Peace、本社:東京都港区、代表取締役:大澤亮 以下、キャリーミー)は、サイトローンチから5周年を迎えたことを機に、ブランドロゴとメッセージを一新しました。

■社会背景

日本は1990年代までは人口も増え、日本市場全体の規模が拡大していたので「先が見えていた時代」でした。これまでの日本企業は新卒で正社員を採用・育成し、年功序列中心の組織で運営していくことで成り立っていました。

しかし現在は、人口が減少し外資等の競合がどこから参入するか不明確になるなど、VUCAと言われる先が見えない時代です。企業がすべての正社員の雇用と年功序列のシステムを維持することは、不可能に近いと考えています。

■キャリーミーとは

私たちが運営する『キャリーミー』は “ビジネス界にもプロ契約を”というコンセプトのもと、個人が成果にコミットして業務委託契約で働く「プロ契約」の導入・活用を支援するサービスです。

スポーツ界では、個人が限られた期間で成果を出せば報酬が上がり、上がらなければ契約解除というプロ契約の仕組みが当たり前です。私たちは、同様の仕組みがビジネスの世界にもあるべきだと考えています。キャリーミーでは、サービスローンチから5周年を迎えたことを機に、ブランドロゴとメッセージを一新しました。

■ロゴに込めた想い

CARRYMEの頭文字である「C」の抜けが人物のシルエットになっており、優秀なプロ人材にスポットライトを当てるという意味が込められています。そして、同時に社会を変える鍵、という意味も込めております。

キャリーミーのサービスを利用していただく企業様やプロ人材の方が「プロ契約」という新しい働き方を体験していただくことで、見え方や価値観がポジティブに変化することを表現しています。

■Vision

誰もが自分の才能と努力で、人生を切り拓くことができる世界をつくる

学歴中心、年功序列、終身雇用・・・日本の雇用慣習が終焉を迎えつつありますが、まだ多くの日本企業はこうした人事制度に固執しています。

一方で、これらの雇用制度に満足しきれない「専門性の高いスキルを有し、個人として業務を請け負える」優秀なプロ人材が徐々に日本でも登場する世の中になりました。

キャリーミーは、より日本人も前向きなリスクをとれるよう、日本のビジネス界にも「プロ契約」を導入し、意志ある個人に、挑戦できる機会と安心を提供していきます。

■Mission

優秀な人材の再配置で、新しい日本の成長モデルを社会と共創する

日本は労働人口の減少や人材の流動性向上という大きな課題を抱えています。

プロ契約の導入によって、優秀な人材がスタートアップや世の中を変える新しい事業に積極的にジョインし、活躍する。それにより事業の機動力を高め、加速させるという新しい日本の成長モデルを創っていきたいと考えています。

今後もキャリーミーは、単なるプロ人材の紹介ではなく、「課題解決企業」として邁進し続けます。

RECRUIT プロ人材×正社員

1分でわかるキャリーミー